Japan / MURATA MANUFACTURING CO., LTD.
ヘルプ

2009年度新入社員を対象とした長期工場実習の実施について

2009年5月8日

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

村田製作所は2009年4月度入社の新入社員を対象に、7ヶ月間の工場実習を実施いたします。これまでの工場実習期間を大幅に拡大することにより、ものづくりの楽しさや、現場のコストや品質に対するこだわりを実感し、今後の業務に役立てます。

背景

当社では入社後3年間を新入社員の育成期間と位置づけ、OJTやOff-JTを通じて当社の経営理念や事業、ビジネスに必要な基礎的なスキル、専門知識などの習得を図っています。特に製造業の企業で働く上では、たとえ生産に直接従事しなくとも、現場でどのような業務が行われているのか、そこではどのような問題が生じているのか、また、それを今後の自分の業務に活かすことが重要になってきます。

これまでの工場実習はいずれも短期間で「ものづくり」の本質を理解してもらうことは困難でした。そのため、今年度から実習期間を大幅に延長して7ヶ月間の工場実習を実施し、入社後早い時期に当社の「ものづくり」の原点を理解してもらうことにしました。

この工場実習を通じて、製造業の一員としてものづくりの「楽しさ」や「面白さ」を理解してもらうとともに、製造現場の「コストや品質に対するこだわり」や「課題」、チームワークの重要さを実感してもらいたいと考えています。また、現場を経験することで事業の仕組みや流れも学んでもらいます。

研修概要

実習期間 5月7日 (木) から11月27日 (金) (約7ヶ月間)
対象 2009年度4月度入社の新入社員 (総合職) 120名
研修内容 工場での実習。具体的には下記の内容に取り組みます。
  • 現場作業・改善活動への取り組み
  • 実習生全員に対する共通課題に対する取り組み
  • 配属先職場から個別に与えられた課題に対する取り組み

お問い合わせ先

京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
広報部長 大島 幸男
TEL: 075-955-6786/FAX: 075-955-6526

NOTE
ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承 ください。
ホーム > 最新情報 > ニュースリリース > 2009年 > 2009年度新入社員を対象とした長期工場実習の実施について

ヘルプ