Japan / MURATA MANUFACTURING CO., LTD.
ヘルプ

昭和電工株式会社の機能性高分子コンデンサ事業譲受について

2009年6月22日

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

当社は、昭和電工株式会社(以下、昭和電工)との間で、昭和電工の機能性高分子コンデンサ事業 (以下、当該事業) を譲り受けることで合意し、事業譲渡に関する契約を締結しました。事業譲受は年内を予定しております。事業譲受実行日までの期間には、当該事業に関わる技術・ノウハウや顧客の引継等、譲受に向けた準備を進めると同時に、昭和電工と共同でのマーケティング活動を実施いたします。

※機能性高分子コンデンサ
陰極に導電性高分子を使ったコンデンサ。陰極の電導度が一般の電解コンデンサに比べて1,000〜10,000倍と高く、ESRが小さいという特徴があります。

背景

当社は、コンデンサを主力とする受動部品やモジュール商品を中心に全世界の電子機器に強い販路を有しています。これまで、当社では積層セラミックコンデンサの商品ラインナップの拡充を進めるとともに、セラミックス以外のコンデンサ商品領域に対する事業戦略を検討しておりました。その結果、低ESR・高容量のチップタイプ機能性高分子コンデンサを有する昭和電工から当該事業を譲り受けることといたしました。

この事業譲受により、昭和電工の技術をもちいて生産した機能性高分子コンデンサを、当社の顧客ネットワークを活用して拡売していくこととなります。従来の積層セラミックコンデンサ商品群に、昭和電工の機能性高分子コンデンサを加えることにより、全世界の顧客に最適なキャパシタソリューションを提供するという相乗効果を図ってまいります。

※ESR
等価直列抵抗 (Equivalent Series Resistance)

業績への影響

当面の当社の連結業績に与える影響は軽微なものであると考えております。

補足

(1) 機能性高分子コンデンサについて

外観写真

外観写真

スペック

静電容量 (μF) 定格電圧 (V) ESR 寸法 (mm)
6.8〜470 2〜20 超低ESR 〜7.3×4.3×1.5-4.2

(2) 1μF以上の高容量品における新規参入商品の位置づけ

説明図

お問い合わせ先

京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
広報部長 大島 幸男
TEL: 075-955-6786/FAX: 075-955-6526

NOTE
ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承 ください。
ホーム > 最新情報 > ニュースリリース > 2009年 > 昭和電工株式会社の機能性高分子コンデンサ事業譲受について

ヘルプ