Japan / MURATA MANUFACTURING CO., LTD.
ヘルプ

財団法人 村田学術振興財団
2009年研究助成金贈呈式及び懇親パーティについて

2009年7月14日

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

要旨

財団法人 村田学術振興財団[理事長 村田 恒夫 (株式会社村田製作所 代表取締役社長)]は、このたび2009年度の研究助成金の交付対象者を決定し、株式会社村田製作所本社において、研究助成金の贈呈式及び懇親パーティをとり行います。

概要

当財団は、株式会社村田製作所の設立40周年を機に設立され、自然科学、特にエレクトロニクスを中心とするものや人文・社会科学の研究に対する助成等を通じて、わが国の学術及び文化の発展に寄与することを目的としており、今回で25回目の助成・援助の贈呈となります。

当財団は、昨今の経済危機の中でも安定した高額助成金を継続しており、本年度の助成金は「研究助成」「学術研究会 (学会) 助成」「研究者海外派遣援助」の3プログラムを合わせて総額1億3千万円、助成件数は昨年より10件多い159件となります。

内訳は次の通りです。

プログラム 分野 09年助成件数 09年助成金額 (前年)
08年助成件数
(前年)
08年助成金額
研究助成 自然科学系 74 9,500万円 67 9,480万円
人文社会科学系 16 1,500万円 16 1,500万円
合計 90 11,000万円 83 10,980万円
学術研究会 (学会) 助成 自然科学系 22 950万円 21 950万円
人文社会科学系 2 50万円 2 50万円
合計 24 1,000万円 23 1,000万円
研究者海外派遣援助 自然科学系 38 800万円 36 820万円
人文社会科学系 7 200万円 7 200万円
合計 45 1,000万円 43 1,020万円
総合計 159 13,000万円 149 13,000万円

主な受贈者 (敬称略)

受贈者 所属機関 役職 研究課題
山田 智明 東京工業大学 大学院 総合理学研究科 物質科学創造専攻 特任助教 強誘電体‐誘電体ナノコンポジット薄膜の3次元自己組織化による新規チューナブル材料の創製
永田 肇 東京理科大学 理工学部 電気電子情報工学科 助教 (Bi1/2Na1/2) TiO3系非鉛強誘電体セラミックスのハイパワー圧電特性に関する研究
唐木 智明 富山県立大学 工学部 知能デザイン工学科 准教授 水熱合成のテンプレート並びに高性能なニオブ酸カリウム系配向圧電セラミックスの作製
谷口 博基 東京工業大学 応用セラミックス研究所 助教 超高空間分解能ラマンマイクロスコピーによる誘電体物理特性の3Dナノイメージング
岡崎 健一 名古屋大学 大学院 工学研究科 結晶材料工学専攻 助教 プラズモンによる光電場増強場を利用する量子ドット増感太陽電池の開発
上野 和紀 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 助教 高移動度酸化物半導体を用いた電気二重層トランジスタの開発
青柳 倫太郎 名古屋工業大学 大学院 工学研究科 機能工学専攻 助教 ニオブ酸ナトリウムリチウム系非鉛圧電セラミックスにおける電界誘起現象の解明
山田 昇 長岡技術科学大学 大学院エネルギー・環境工学専攻 准教授 3次元フォトニック結晶構造による太陽光の選択吸収透過反射制御の実現
関野 徹 東北大学 多元物質科学研究所 准教授 光電気デバイス応用を指向した酸化物半導体ナノチューブの機能制御と自律的高次アセンブリングに関する基礎研究
原 雄介 早稲田大学 理工学術院 先進理工学研究科 講師 フルキシブル電極として導電性高分子を用いた電場応答型・超薄膜アクチュエータの開発
西山 宏昭 大阪大学 大学院 工学研究科マテリアル生産科学専攻 助教 フェムト秒レーザリソグラフィーによる高屈折率材料での立体的表面ナノ構造の形成
森下 浩平 東北大学 金属材料研究所 助教 Ge単結晶の高温塑性変形を利用した高効率X線点集光素子の開発
飯村 健次 兵庫県立大学 大学院 工学研究科 機械系工学専攻 准教授 静電紡糸法による強誘電体セラミクスの繊維化ならびに不織布化
藤原 忍 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 准教授 革新的無機合成プロセスの開拓とエネルギーエレクトロニクス材料開発への応用
美籐 正樹 九州工業大学 大学院 工学研究院 基礎科学研究系 量子物理学部門 准教授 表面弾性波を利用したスピンカレント検出法の開発
松田 厚範 豊橋技術科学大学 工学部 物質工学系 教授 ヘテロポリ酸−オキソ酸塩系複合体のメカのケミカル合成とプロトンダイナミクス
下間 靖彦 京都大学 産官学連携センター 准教授 超短パルスレーザーを利用した三次元導電構造形成技術の開発
小山 大介 東京工業大学 精密工学研究所 助教 超音波定在波による微小物体の非接触長距離搬送技術の開発

贈呈式・懇親パーティ

日時 平成21年7月17日 (金)
贈呈式 15: 00〜16: 00
記念講演 16: 10〜17: 10
懇親パーティ 17: 20〜19: 00
場所 株式会社村田製作所 本社ホール (懇親パーティ: 5F食堂)
京都府長岡京市東神足1丁目10番1号

財団法人 村田学術振興財団 概要

所在地 京都府長岡京市東神足1丁目10番1号
設立年月日 1985年2月5日
代表者 理事長 村田 恒夫 (株式会社村田製作所 代表取締役社長)
ホームページ http://www.murata.co.jp/zaidan/index.html

お問い合わせ先

広報部企業広報課
TEL: 075-955-6786/FAX: 075-955-6526

NOTE
ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承 ください。
ホーム > 最新情報 > ニュースリリース > 2009年 > 財団法人 村田学術振興財団 2009年研究助成金贈呈式及び懇親パーティについて

ヘルプ