Japan / MURATA MANUFACTURING CO., LTD.
ヘルプ

ムラタオリジナル電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の開発

2009年9月28日

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

ムラタオリジナル電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の開発

要旨

株式会社村田製作所はこのたび、当社オリジナルの電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」を開発しました。

この電子工作入門キットは、2007年から開催している小中学生を対象とした当社の「電子工作教室」にて教材として使用する予定です。

背景

当社では、子ども達に「ものづくり」の楽しさを体感する場を提供し、次世代の理系人材の創出につなげる社会貢献活動として、小中学生を対象とした「電子工作教室」を開催しています。

これまでこの教室では市販の電子工作キットを使用してきましたが、今回、当社横浜事業所の従業員有志の提案で、エンジニアが中心となり、子ども達に当社の部品や技術を身近に感じてもらえるオリジナル工作キットを企画・開発しました。

横浜事業所は、センサを活用した新しい機能を提案するための研究開発やセンサシステムの標準化、通信モジュール向けの機構設計も手掛けていますので、それらの技術・システムを応用することで、今回、コストパフォーマンスの高い電子工作キットを実現することができました。

「電子工作入門キット」のポイント

  1. 代表的な部品 (センサ、コンデンサ、ダイオード、トランンジスタ) が分かりやすく配置されている。
  2. 一般的な道具 (はんだごてやニッパ等) を使って、1〜2時間で組み立てられる。
  3. 外装を工夫して、自分だけのオリジナル品を作ることが出来る。
  4. 作った後も駆動部分を工夫したり調整することで、走行性のチューンアップ等、遊び方の工夫も出来る。

なお、次回「電子工作教室」は11月3日 (火・祝日) に当社東京支社 (東京都渋谷区) で開催を予定しております。詳細につきましては10月初旬のCEATEC会場及び当社のウェブサイトでご案内いたします。
http://www.murata.co.jp/event/kousaku0911/index.html

製品概要

ブルブル星人とは

  • ボタンのない不思議なリモコン (トントンリモコン) を操作することで、左右に曲がることができるロボットです。
  • リモコンには当社のショックセンサを搭載しており、指先でリモコンの側面をタッピングして操作します。
  • ブルブル星人にはタイヤが付いておらず、本体の裏側についている2つのモーターの振動を利用して、体全体を震わせながら滑るように進みます。 (これがブルブル星人の名前の由来です。)
  • 振動を伝える針金 (足) の角度を変えることで進む方向やスピードを変えることができます。
  • 完成後は、本体のカバーやリモコンのケースに模様を描いたり、シールを貼ったりして、自分だけの一台に仕上げることができます。

製品仕様

製品仕様

電子工作キットには、分かりやすい組み立て説明書が付いています。
初めての方でも安心して電子工作にチャレンジできます。

仕様

ブルブル星人

使用乾電池 単4×2本
完成時寸法 120×100×80mm
重量 80g
はんだ付け部品点数 11点

トントンリモコン

使用乾電池 単4×2本
完成時寸法 70×100×50mm
重量 50g
はんだ付け部品点数 5点

お問い合わせ先

広報部企業広報課
TEL: 075-955-6786/FAX: 075-955-6526

NOTE
ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
ホーム > 最新情報 > ニュースリリース > 2009年 > ムラタオリジナル電子工作入門キット「ブルブル星人&トントンリモコン」の開発

ヘルプ