Japan / MURATA MANUFACTURING CO., LTD.
ヘルプ

世界最小・最薄! 表面実装対応の焦電型赤外線センサの開発

2010年2月26日

株式会社村田製作所
代表取締役社長 村田 恒夫

焦電型赤外線センサ

要旨

株式会社村田製作所は、この度、表面実装対応の世界最小、最薄型の焦電型赤外線センサ“IRS-Bシリーズ”を開発しました。

当社のみがラインナップしていた従来品のリフロー表面実装対応の焦電型赤外線センサをさらに小型化しました。これにより、セットの小型化のみならず、リフロー表面実装による大量生産、低価格化に貢献し、民生機器への人感検知センサ搭載を加速させます。

また、今回は同時に焦電型赤外線センサとともに使用される集光レンズとして「フラットレンズ」を開発しており、セットのさらなるフラット化に貢献します。

背景

省エネ、防犯、家電、介護など、さまざまなシーンで人体検知の必要性が高まっている中、人感検知センサなどに搭載される焦電型赤外線センサは、通常はサイズが大きく、自動機による表面実装に対応できないリードのため、大量生産に適さず、低価格化に限界がありました。

このため、当社では業界唯一、リフロー表面実装対応の焦電型赤外線センサをラインナップしておりましたが、今回開発した“IRS-Bシリーズ”では、当社独自のパッケージング技術と焦電セラミックス材料の改良により、さらなる小型化・薄型化を実現しました。これにより、家電、薄型デジタル機器、PC、ゲーム機など、小型・薄型化、軽量化が要求される様々な機器への人体検知センサの搭載が可能になりました。

IRS-Bシリーズの形状は、当社表面実装従来品に比べて、体積約50%、高さ約10%小型化しており、一般的なリード品と比べると体積約20%、高さ約50%と圧倒的な小型・薄型化を実現しています。

また、今回併せて開発した“フラットレンズ”は、レンズの曲率を極限まで大きくしたフラット形状で、搭載される機器をすっきりとしたデザインに仕上げることが可能になります。

特徴

  • 世界最小、最薄サイズ (4.7×4.7×2.4mm)
  • 業界唯一の鉛フリーはんだリフロー表面実装対応
  • 高感度
  • 独自のパッケージング技術により、優れた耐電磁波ノイズ特性を実現
  • 同時開発のフラットレンズによりセットのフラット化に貢献
  • RoHS指令での規制対象物質の未使用

用途

人体検知用センサとして下記の用途に使用可能。

  • TV
  • エアコン
  • デジタルフォトフレーム
  • PC
  • 照明機器の自動スイッチ
  • WEBカメラ (IPカメラ)
  • 自動温水洗浄便座
  • セキュリティ機器
  • その他の自動スイッチ (例: 液晶モニター、空気清浄機、換気扇)
  • ECO家電

など

品番

IRS-B210ST01-R1 (デュアルタイプ) (長距離検知型)
IRS-B340ST02-R1 (パラレルクワッドタイプ) (微動検知型)

特性

品番 IRS-B210ST01-R1 IRS-B340ST02-R1
感度 (参考値) 3.6 mVpp 3.1 mVpp
応答波長範囲下限 3μm 3μm
応答波長範囲上限 14μm 14μm
視野角 θ1=70°θ2=50° θ1=70°θ2=50°
電源電圧上限 15.0VDC 15.0VDC
電源電圧下限 2.0VDC 2.0VDC
使用温度範囲下限 -40℃ -40℃
使用温度範囲上限 70℃ 70℃
保存温度範囲下限 -40℃ -40℃
保存温度範囲上限 85℃ 85℃
受光部形状 受光部形状 受光部形状

外形寸法図

外形寸法図

生産体制

2010年2月 販売開始
月産100万個 予定

サンプル価格

約200円

特許関係

特許10件出願中

お客様からのお問い合わせ先

こちら

お問い合わせ先

広報部企業広報課
TEL: 075-955-6786/FAX: 075-955-6526

NOTE
ニュースリリースの内容は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
ホーム > 最新情報 > ニュースリリース > 2010年 > 世界最小・最薄! 表面実装対応の焦電型赤外線センサの開発

ヘルプ