Japan / MURATA MANUFACTURING CO., LTD.
ヘルプ

ホーム > 製品情報 > コンデンサ > よくあるご質問(FAQ) > 積層セラミックコンデンサ > 信頼性技術・信頼性試験とは?

コンデンサ

  • 製品・販売・技術的なお問い合わせ
  • 国内営業所・販売会社・代理店一覧
  • 見積依頼
  • 小口通販サイト
  • PDFカタログ
  • カタログ請求

よくあるご質問 (FAQ)

積層セラミックコンデンサ

品質/信頼性 ・ 安全規格

信頼性技術・信頼性試験とは?
  • SMD
  • リード
  • モールド

信頼性技術は故障技術ともよばれ、製品の故障がどのように生じるかを評価・解析して理解することによって製品の信頼性を向上させる技術であり、逆にいえば、故障品を作り出す技術とも言えます。
信頼性試験は、工場より出荷され、市場で機器寿命まで使用される間の品質を、予測するための試験です。

※故障と不良の違い
・不良品は作った時から不良です。
・故障品は作った時は良品ですが、時間的な経過とともに不良品となるものです。

詳しくはこちらをご参照ください。

FAQ改善アンケートにご協力ください。

このFAQはお役に立ちましたか?

宜しければこのFAQについてのご意見・ご要望をお聞かせください。

お客様のご意見はFAQの改善にご利用させていただきます。
※このフォームでいただいたご質問・ご要望への返信は行なっておりません。

FAQでは解決しない問題で、弊社からの返信を要する内容については、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

ホーム > 製品情報 > コンデンサ > よくあるご質問(FAQ) > 積層セラミックコンデンサ > 信頼性技術・信頼性試験とは?

ヘルプ